[PR]

 子どもの傷害予防に取り組むNPO法人「Safe Kids Japan(セーフキッズジャパン)」が、1月13日を「サッカーゴールなど固定チェックの日」と定め、ゴールの転倒事故防止の啓発につなげようとしている。

 福岡県大川市の小学校で、ハンドボール用のゴールにぶら下がった4年男児が下敷きになって亡くなったのが昨年の1月13日。2004年の同日にも、静岡市立中学校でサッカーゴールが強風で倒れ、3年の男子生徒が亡くなった。

 日付は違うが、13年にも千葉県茂原市の高校で3年男子生徒が亡くなるなど、同様の事故は繰り返し起こっている。

 転倒事故は、ゴール後方のフレームを杭や砂袋で固定することで防げる。だが、グラウンドを様々な用途で使う学校ではゴールの移動が多く、重りの運搬や杭打ちの手間から、徹底されない実情がある。

 同法人の山中龍宏理事長は「今年は、1月13日から各学校やチームからゴール固定の様子を撮影した写真を送ってもらい、その方法をウェブ上で共有できるようにしたい」と話す。

 大川市の男児の遺族も、この取り組みに賛同しているという。(編集委員・中小路徹