[PR]

 羽生善治竜王への国民栄誉賞の授与が正式に決まったことを受け、日本将棋連盟は5日、佐藤康光会長や藤井聡太四段らの談話を発表した。

 日本将棋連盟の佐藤康光会長の話 この度の羽生さんの国民栄誉賞の受賞、心よりお祝いを申し上げます。前人未到の「永世七冠」達成をはじめ群を抜いた数々の実績、将棋界の枠を超えた積極的な活動が受賞につながったと思います。将棋界にとりましても大変名誉なことです。また、囲碁の井山さんも同じく受賞とのこと、誠におめでとうございます。世代は違えど、偉大なるお二人の更なるご活躍をお祈りいたします。

 日本将棋連盟の森内俊之専務理事の話 国民栄誉賞受賞まことにおめでとうございます。これまでの実績と貢献が社会的にも評価され、棋士の1人として嬉(うれ)しく思います。今後も、将棋界の代表として、伝統文化の担い手として、益々(ますます)ご活躍されることをお祈りしています。

 谷川浩司九段の話 羽生竜王の将棋での実績のみならず、将棋への真摯(しんし)な姿勢、飾らない人柄、そして将棋界の枠を超えた活躍が認められたと思います。国民栄誉賞は将棋界にとっても大きな名誉です。心よりお祝い申し上げます。

 藤井聡太四段の話 国民栄誉賞の受賞、誠におめでとうございます。羽生先生の探究心やチャレンジ精神溢(あふ)れる姿にいつも感動をいただいています。永世七冠の獲得という偉業に続き、この度の受賞に心よりお祝い申し上げます。