[PR]

 受験シーズンを前に、智恵(ちえ)をつかさどる「文殊菩薩(もんじゅぼさつ)」を本尊とする家原寺(えばらじ)(堺市西区)の本堂が、試験の合格を祈る白いハンカチで埋め尽くされている。

 かつては白いチョークで、願い事を本堂の壁に直接書き込む「落書き寺」として知られていたが、40年ほど前から白いハンカチを販売し、貼ってもらうようになった。

 高校入試が終わる3月末まで、合格祈願に訪れる人が絶えないという。(水野義則)