[PR]

 県中央植物園(富山市婦中町上轡田)で、台湾などに自生し、国内では希少な植物「タカクマムラサキ」を栽培・展示している。詳しい生態ははっきりしていないといい、同園の担当者は「こうした希少な植物があることを知ってもらいたい」と話している。

 同園によると、タカクマムラサキは台湾、中国南部、ベトナムなどに自生。国内では九州南部でみられるが、環境省が絶滅危惧種に指定している。

 1942年に鹿児島大の学生が鹿児島県の高隈山系で採取した標本が残されていて、戦後に研究者が独立種として発表。後に、台湾などにも分布する植物と同じ種類とわかったという。

 高隈山系のほか、鹿児島県種子…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら