[PR]

 日本相撲協会は5日、立行司の第40代式守伊之助(58)=本名野内五雄、大阪府出身、宮城野部屋=が昨年12月の冬巡業中に泥酔し、10代の行司にキスをするセクハラ行為があったと発表した。

 既に謝罪しており、10代の行司も処罰を求める意向や、警察に被害届を出す考えはないとしている。ただし協会は、行司全体を指導、管理する立行司の非違行為であることから、近日中に臨時理事会を開いて懲戒処分を検討する。

 問題は5日夕、セクハラ行為の概略を知った幕内行司が報告して発覚。危機管理委員会の調査により、事実だと確認した。

 相撲協会によると、沖縄県宜野湾市で興行があった昨年12月16日の夜、泥酔した伊之助は宿舎の部屋まで送ってもらった10代の行司に数回キスし、胸部を1回触った。伊之助は「泥酔していたので覚えていない」「なぜこのような行為をしたのか分からない」と述べたが、自らの行為は否定しなかったという。

     ◇

 日本相撲協会・八角理事長(元横綱北勝海) 「指導する立場にある行司として本当に情けない。以前から酒の席での言動を注意し、研修会の時も言ったばかりなのに、行司の長として情けない」