プロ野球界を支え続けてきた「闘将」が亡くなった。選手時代から「打倒巨人」を貫き、監督として中日、阪神、楽天の3球団をリーグ優勝に導いた星野仙一さん。70歳。6日朝、突然の悲報が各地を駆け巡った。

 東日本大震災が起きた2011年から監督として率いた楽天の本拠、仙台。会社員男性(51)は、13年に楽天が日本一を決め、胴上げされている星野さんをレフトスタンドから見ていたという。「優勝インタビューで、被災地の東北を勇気づけたいというメッセージに感動した」

 今朝のテレビニュースで亡くなったことを知り、「突然だった。何事にもまっすぐな姿勢は、若手選手らに引き継がれていくと思う」と悼んだ。

 仙台市若林区の会社員土井浩之…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら