[PR]

 「おはらい」と称して女性の体を触ったとして、愛知県警は6日、同県愛西市西條町、宗教家木下康雄容疑者(63)を強制わいせつの疑いで逮捕し、発表した。「胸を触ったことは間違いないが、災いを払うための一環で、よこしまな気持ちでやったことではない」と容疑を否認しているという。

 津島署によると、木下容疑者は宗教「佐古木(さこぎ)講」を主宰し、昨年12月9日と24日、同県弥富市佐古木の集会所で、おはらいの名目で女性(33)の胸などを触った疑いがある。女性が今月4日、署に被害届を出した。