[PR]

1999年10月1日付朝日新聞から

 神宮の夜空に30日、星野仙一監督(52)が舞った。2度目の監督就任から4年。中でもこの三シーズン、ある言葉を胸に、より強く「優勝」を意識してきた。1997年1月31日、ナゴヤドームが初めて選手らに公開された日の朝に、妻扶沙子(ふさこ)さん(享年51)が悪性リンパ腫で息を引き取った。6年半の闘病生活が終わるころ、夫にこんな言葉を残した。「もう一回、胴上げを見て死にたいね」。妻への誓いが天国に届いた。

 

 ヤクルト戦を勝利で飾った瞬間、監督はコーチ陣に肩を押され、選手の輪に加わった。そして、ユニホームのポケットにしのばせた扶沙子さんの写真と一緒に7度宙に舞った。試合中、真一文字に結んでいた口元がようやく緩んだ。

 二人が出会ったのは65年の春。岡山県出身の星野監督は明治大学の1年生、東京出身の扶沙子さんは慶応大学文学部の2年生だった。知人の紹介で、神宮球場にまんじゅうを差し入れたのがきっかけだった。

 プロ入りを機に、プロポーズさ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら