【動画】2018年の最初の対局を白星で飾ることができなかった藤井聡太四段=佐藤圭司撮影
[PR]

 将棋の中学生棋士、藤井聡太(そうた)四段(15)が6日、大阪市福島区の関西将棋会館で、8大タイトル戦の一つ、王位戦(新聞三社連合主催)の予選の準決勝で大橋貴洸(たかひろ)四段(25)に104手で敗れた。2018年最初の対局を白星で飾ることはできなかった。

 藤井四段の16年12月のデビュー戦以来の通算成績は55勝11敗。大橋四段は、藤井四段と同時にプロ入りを決めた新鋭棋士で、2人の公式戦の対戦成績は2勝2敗となった。藤井四段が公式戦で同じ相手に2敗したのは初めて。

 本局は、今年7~9月に予定される王位戦七番勝負で菅井竜也(たつや)王位(25)への挑戦者を決める戦いの一環。午前10時に始まった対局は、午後4時45分に終局した。藤井四段は「序盤で失敗してしまった。完敗だったと思います。大橋四段は序盤が巧みで大変鋭い棋風。本局も、それを出されてしまった」と話した。大橋四段は「模様が良くなってからは、うまく指せた」と述べた。

 大橋四段は、予選の決勝で谷川…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース