【動画】韓国・平昌五輪の成功を願う寒中マラソン大会=遠藤啓生撮影
[PR]

 五輪開幕を約1カ月後に控えた韓国・平昌で7日、開催の成功を願う寒中マラソン大会が開かれた。

 この日の朝の最低気温は零下17度で、スタート時は零下6度だった。3千人以上のランナーが参加。男性たちは、上半身裸になって「2018」や「成功」などと鮮やかな文字を描いて走った。

 午前10時半過ぎ、五輪公式マスコットのスホランとバンダビが見守るなか、スタート。「平昌!五輪!」と白い息を吐きながら、5キロと10キロのコースに分かれて白銀の市街を走り抜けた。

 主催者によると、海外からの参加も多いという。米国・ワシントン州から観戦も兼ねて参加したジョアンナさん(21)は「信じられない寒さだけど、五輪の雰囲気に浸れてうれしい」と興奮気味に話した。(遠藤啓生)

こんなニュースも