警察官、刃物で切られ重傷 容疑の男「むかついた」

[PR]

 警察官を刃物で切りつけ重傷を負わせたとして、警視庁は7日、東京都調布市の30代の男を傷害と公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕した。男は容疑を認め、「むかついたから刺した」と述べているという。

 調布署によると、7日午前8時半ごろ、東京都狛江市内の住宅で「男と父親が口論となり、けんかをしている」と親族から110通報があった。複数の警察官が駆けつけ、刃物を持って路上に出てきた男から同署地域課の30代の男性巡査長が刃物を取り上げようとしたところ、いきなり顔や腕を切りつけられたという。男は他の警察官にその場で取り押さえられた。巡査長は重傷で病院に運ばれたが、命に別条はないという。

 署は、詳しい経緯を調べるとともに、男の刑事責任能力の有無についても調べる。