[PR]

 東京都大田区の町工場が協力してそりを作り、平昌五輪出場を目指してきた「下町ボブスレー」が正念場を迎えている。機体の提供を受けるジャマイカチームが突然、性能が上がらなければ別の海外製のそりに乗る意向を示してきた。念願の「初五輪」に向け、チームの奮闘が続く。

 暗雲がたれこめてきたのは昨年12月。ジャマイカと回線を結んだ緊急会議が開かれた。「下町ボブスレーはスピードが足りない。次のワールドカップ(W杯)ではラトビア製のそりに乗ることになった」と告げられた。

 下町ボブスレープロジェクトは…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら