[PR]

 成人の日を前に県内の多くの市町村で7日、成人式が開かれた。県教委のまとめでは、新成人は1997年4月2日から98年4月1日までに生まれた9538人(昨年11月現在)。男性4945人、女性4593人で、昨年より153人減った。

 甲府市総合市民会館での式には約2千人の新成人が参加した。県立大の杉田竜也さんは代表の一人として「ブレずに芯を持つことが成人になるということではないか。家族や友人、関わってきた全ての人への感謝の心を忘れず、自覚と責任を持って人生を歩みます」と決意を語った。

 都留市の都の社うぐいすホールでは、98年に記録的大雪のため中止になった式が「20年後成人式」として開かれ、当時の新成人たちがスーツや振り袖姿で集まった。その年の4月に式の代わりに「成人の集い」があり、参加者が提案。「集い」で書いた20年後の自分に宛てたメッセージが受付で渡された。

 笛吹市の依田美穂さん(39)…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら