[PR]

 焼津市の武道団体が8日、合同の初稽古会を開いた。選手や指導者ら約200人が参加。会場となった焼津体育館は元気なかけ声で活気にあふれた。

 焼津市武道協議会が主催し、毎年、成人の日に開いている。今年も剣道、柔道、相撲、弓道、なぎなた、空手、少林寺拳法、武道太極拳、居合道の9団体の選手らが集まった。相撲の練習をした小学5年の山下寧々さん(11)は「みんなとできるのがうれしい。大会で自分の力を出せるようにしたい」。協議会会長で剣道で汗を流した増田吉久さん(75)は「心をひとつにして、お互い精進したい」と抱負を語った。(張春穎)