[PR]

 サッカーのJ1清水エスパルスの中心選手として活躍し、2016年に現役を退いた元日本代表DF市川大祐さん(37)の引退試合が8日、IAIスタジアム日本平(静岡市清水区)で開かれた。かつてのチームメートや、1万人以上のファンが集まった。

 試合は清水OBのオールスターチームと、日本代表経験者チームで対戦。市川さんは前半、清水チームで三都主アレサンドロさんや伊東輝悦選手(現J3アスルクラロ沼津)らとプレーした。右サイドを駆け上がってからのパスで沢登正朗さんのゴールを演出し、自らもゴールを決めた。

 後半は中山雅史選手(アスルクラロ)やJ1ジュビロ磐田の名波浩監督らと、岡田武史元日本代表監督が率いる日本代表チームで出場。「足の内転筋が肉離れしていた」(市川さん)というコンディションながら味方のパスに食らいつき、3得点を挙げるなど全得点に絡む活躍をみせた。

 試合後のセレモニーでは時折声…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら