[PR]

 8日午前7時58分ごろ、東海テレビ(名古屋市)の放送が5分40秒にわたり中断するトラブルが起きた。当時は情報番組の「めざましテレビ」と「とくダネ!」の放送中で、繰り返し真っ黒い画面が現れるなどした。

 東海テレビによると、原因は送信機器の故障。詳細は調査中で、影響世帯は愛知・岐阜両県の全域と三重県の一部(津市、いなべ市など)の406万3477世帯という。

 東海テレビはその後、情報番組「スイッチ!」の冒頭でアナウンサーが「視聴者のみなさまには大変ご迷惑をおかけしました」などと謝罪。局の公式ホームページ上にもおわびの文を掲載した。放送事故中の両番組の再放送の予定はないという。