[PR]

 大相撲初場所(14日初日、東京・国技館)を前に、二所ノ関一門の連合稽古が8日、東京都江東区の尾車部屋であり、連続休場中の稀勢の里と鶴竜の両横綱が顔をそろえた。直接対決はなかったが、2人とも初場所出場に向け精力的に汗を流した。

 稀勢の里は平幕の琴奨菊、嘉風を相手に14勝3敗。けがをした左腕の力は戻りつつあるようだが、押し込まれる場面もあった。稽古後は「だいぶ感覚的には良くなっている」と手応えを口にした。視察したスポーツキャスターの舞の海秀平さんは「もし私が(稀勢の里の)師匠なら、今日の稽古なら(初場所に出場させるか)迷うところ。先場所よりはいいけど、何か物足りない」と話した。

 一門外から参加した鶴竜は嘉風相手に9勝1敗で、ほぼ圧倒する内容だった。「しっかり踏み込んで低く相撲を取れた」と満足げだった。

こんなニュースも