[PR]

 公募美術展「第102回二科展」のデザイン部に6人7作品が入選した県立城南高校の美術部展(朝日新聞徳島総局後援)が、徳島市寺島本町西2丁目の四国大学交流プラザで開かれている。二科展の巡回展は県内では開かれず、同部の入選作をじかに鑑賞できる貴重な機会になった。14日まで。

 会場には部長の相原佑香さん(2年)が地元神山町の祭りを色彩豊かに描いた「花火フェスタ!」など、全部員9人の53作品が展示されている。近づいて見られるため、表現や筆致の違いがよくわかる。

 子ども3人と訪れた徳島市の松田百合子さん(43)は、「どれも素晴らしく、できるなら購入して部屋に飾りたいくらい」、娘の知怜(ちさと)さん(8)は「女の子の胸飾りまで細かく描かれていてすごいと思った」と話した。

 午前10時~午後5時(最終日は午後4時まで)。入場無料。(三上元)

関連ニュース