【動画】お披露目された新しいaibo=柴田悠貴撮影
[PR]

 ソニーのイヌ型ロボット「aibo(アイボ)」が復活した。鳴き声の「ワンワン」にちなみ、戌(いぬ)年の1月11日に発売。予約購入者に引き渡された。初代は1999年に発売されてブームになったが、リストラで2006年に生産終了。今回、AI(人工知能)を搭載、動きも機敏になった。復活の裏に技術者の奮闘があった。

 2015年の夏。「アイボ復活はソニーらしさの復活の象徴になります」。先代アイボの開発の中心にいた藤田雅博さん(58)が経営陣に訴えた。リーマン・ショック後のリストラが一巡。社内に成長の芽を探す機運が生まれていた。

 藤田さんは「アイボは愛情の対象となる特殊な商品。家電とは違う。長い間お客さんとつき合う決意が必要」とも強調。復活したら、安易な撤退はできないと迫った。

 アイボの終了でファンは取り残…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも