石破茂氏、孤立恐れず政権批判 社交性に嘆きの声も…

有料会員記事

岩尾真宏
[PR]

 昨年暮れ、自民党石破派の忘年会で話題となったのは、その日の新聞1面に載った大相撲の暴行問題だった。

 貴乃花親方の対応に批判的な声があがる中、独り擁護する人物がいた。派閥領袖(りょうしゅう)の石破茂だ。孤立を恐れない貴乃花に自らを重ねるようにこう評した。「正しいではないか。なれ合いの世界に立ち向かっている」

 かつての自民党には、口角泡を飛ばして議論する文化があった。往時を知る石破には、今の党はなれ合いの集団に見える。

 天皇陛下の退位、「共謀罪」…

この記事は有料会員記事です。残り1682文字有料会員になると続きをお読みいただけます。