拡大する写真・図版 安倍首相との「一致率」

[PR]

 安倍晋三首相が3選を狙う今秋の自民党総裁選。「ポスト安倍」候補と目される石破茂、岸田文雄、野田聖子の3氏を加えた4人の政治家は政策などでどのように違うのか。朝日新聞社と東大・谷口将紀研究室による共同調査の結果を分析したところ、首相と3氏の「距離感」が浮き彫りになった。

 調査は昨年10月の衆院選にあわせ、全候補者を対象に実施した。回答率は97%。4人はいずれも回答していたため、改めて分析した。

 調査で政策の賛否や安倍政権への評価を5段階で尋ね、全員が回答した28問について、首相と3氏の姿勢が一致した割合を調べた。その結果、党政調会長を務める岸田氏が96%でほぼ一致。総務相として昨年8月に入閣した野田氏は89%で、閣外から総裁をねらう石破氏は68%にとどまった。

 首相を忠実に支える姿勢が際立つ岸田氏と対照的に、石破氏は「独自色」が鮮明で、石破氏だけが他3氏と異なる姿勢を示した回答が多く見られた。

 「幼稚園・保育所から大学まで…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも