[PR]

 韓国の康京和(カンギョンファ)外相は9日午後、最終的で不可逆的な解決をうたった2015年の日韓慰安婦合意の扱いについて、日本政府に再交渉を求めない考えを表明した。同時に、元慰安婦の名誉回復などのために努力するよう期待するとした。

 合意に基づき、日本側が韓国の設立した財団に拠出した10億円については、全額を韓国政府予算で補塡(ほてん)するとした。日本の拠出した基金の扱いをどうするかは今後検討するとした。(ソウル=牧野愛博)