[PR]

 宮崎駿監督(77)の短編アニメ「毛虫のボロ」が3月21日から、三鷹の森ジブリ美術館(三鷹市)で上映される。2013年公開の長編アニメ「風立ちぬ」以降、宮崎監督が手がけた初めての映像作品という。

 卵からかえった毛虫のボロが主人公。作品の一部にCGが使われている。スタジオジブリによると、宮崎監督は長年「虫の目から見た世界」を描く企画を温めていたという。原作・脚本も宮崎監督で、14分20秒。

 同館の映像展示室「土星座」だけで公開。同館のチケットはローソンのみで購入でき、日時指定の予約制で1千円(大人・大学生)。3月入場分は2月10日に発売される。問い合わせはごあんないダイヤル(0570・055777)へ。(河井健)