[PR]

 東京電力福島第一原発事故で帰還困難区域に指定され、今も住民の避難が続く福島県浪江町の津島地区。ここに200年以上前から伝わる郷土芸能「田植踊(たうえおどり)」が14日、10年ぶりに演じられる。

 ♪ヤーレヤレヤレ 是(こ)の御(お)だんな様は お家(うち)に御座(ござ)りましたか……。

 同県二本松市の浪江町役場二本松事務所。7日昼、朗々とした口上を合図に、豊作を祈る田植踊が始まった。口上を述べた「鍬頭(くわがしら)」、苗を植える「五月女(さおとめ)」などに扮した11人がおはやしに合わせて舞った。

 昨年11月から始めた練習は、この日でやっと4回目。「何とか形になりそうだね」。裏方である「太夫(たゆう)」を務める三瓶専次郎さん(69)が笑った。

 津島の田植踊は1780年代に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも