[PR]

 キャッシュレス社会の夜明けが間近に迫ってきた。信じられない、って? それなら次に割り勘で食事をする時、テーブルに20ドルを現金で置いてみたら。いや、それよりも会計で10ドル札をくずしてもらう時、後ろに立たないよう、誰であれ頼んでみたら。

 札束の入った財布を出して会計するなんて、もはや時代遅れになりつつあるのは、Venmo(ベンモー)、Uber(ウーバー)、Seamless(シームレス)、Bitcoin(ビットコイン)、その他キャッシュレス・サービスの普及を見れば明らかだ。

 現金の流通システムが変わりつつある中で、深刻な財政問題に直面しているのが都会で働く多くの労働者だ。ドアマン、エレベーター係、ネイリストといったチップで現金収入を稼いでいる人たちである。こうした職業の人たちはキャッシュレス社会から取り残されていると、うなだれている。

 「キャッシュレスでやっている…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも