[PR]

 サウジアラビアは女性の行動が世界で最も厳しく制限されている国として知られてきた。女性は一人旅が認められていない。就ける職業も大幅に限られている。公共の場で他人に髪を見せてはならないし、自動車の運転は禁止、といった具合に。それが今、変わり始めている。

 サウジの事実上の若き最高指導者ムハンマド・ビン・サルマン皇太子(32)が最近打ち出した一連の政策は、サウジ女性の地位に革命的な変化をもたらす可能性がある。公共のスタジアムでのサッカー観戦ができるようになるだろう。重要な役職に就くこともできるようになるだろう。2018年6月からは、自動車を運転することが認められる。政府当局の話だと、オートバイに乗ることも許される。たぶん、女性の交通警察官も誕生するだろう。

 こうした政策によって、女性にどのような変化が起きるのか。それを占う要素がいくつかある。その女性が住んでいる場所、年齢、信仰などに加えて、女性をコントロールしてきた男性親族がその権限――多くは宗教上の特権とされてきたが――をどこまで譲歩するかである。

 ジェンダーに関するサウジの厳…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも