[PR]

 日韓慰安婦合意をめぐり韓国政府が新方針を打ち出したことを受け、外務省の金杉憲治アジア大洋州局長は9日午後、在日韓国大使館の李熙燮(イヒソプ)公使を同省に呼んで抗議した。

 抗議に先立ち、河野太郎外相は「日韓合意で慰安婦問題の最終的かつ不可逆的な解決を確認したにもかかわらず、韓国側が日本側に対して更なる措置を求めることはまったく受け入れられない」と反論。韓国政府に合意の履行を改めて求めた。

 韓国の康京和(カンギョンファ)外相は9日、合意について日本側に再交渉を求めないとする一方、元慰安婦の名誉回復などのため努力するよう期待する考えを明らかにした。これについて、河野氏は「合意は国と国との約束であり、政権が変わっても責任を持って実施されなければならない。合意の着実な履行は国際社会に対する両国の責務だ」と強調した。

 また、日本政府が元慰安婦への支援事業のために拠出した10億円について、韓国側が政府予算で補塡(ほてん)すると発表したことについて、河野氏は「発表以上のことをまだ承知していない」としつつ、韓国側に説明を求める考えも示した。

 ただ、韓国側は「合意に関して日本政府に再交渉は求めない」としており、両政府の立場は平行線をたどっている。日本政府は韓国側の今後の対応を注視する構えだ。(田嶋慶彦)