[PR]

 カヌー・スプリントの鈴木康大(やすひろ)選手(32)がライバルの小松正治(せいじ)選手(25)の飲み物に禁止薬物を混入させた問題は、スポーツ界に衝撃を与えた。

 リオデジャネイロ五輪のカヌー・スラロームで銅メダルに輝いた羽根田卓也(30)は「同じカヌー競技者として大変残念に、そして悲しく思います」とコメント。「飲料をはじめ用具や備品は、競技の成績だけでなく安全面にも関わるもので、間違いのない中で管理できる体制が2020年に向けて改めて必要だと感じた」と続けた。

 禁止薬物を他の選手の飲食物に混入する「パラ・ドーピング」。日本の選手たちも、対策をしてこなかったわけではない。

 20年東京五輪の大会組織委員…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら