[PR]

 野田聖子総務相は9日、訪問先のフィリピンの首都マニラでドゥテルテ大統領と会談し、昨年12月に慰安婦を象徴する女性像が同市内に設置されたことについて「非常に残念だ」と遺憾の意を伝えた。大統領から返答はなかったが、会談後の記者会見で、野田氏は「理解いただけたと思う」と述べた。

 像は歴史的な記念物の設置に関わるフィリピン政府機関が民間の献金を受けて設置した。寄付者として同国の慰安婦支援団体と中国・韓国系とみられる個人や団体の名が書かれている。

こんなニュースも