[PR]

 前橋市内の県道で9日朝、自転車の女子高校生2人が乗用車にはねられ、重体になった事故で、群馬県警は9日、乗用車を運転していた無職の川端清勝容疑者(85)=前橋市=を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで逮捕した。川端容疑者は容疑を認め、「気がついたら事故を起こしていた」と話しているという。

 前橋署によると、はねられたのは市立前橋高に通う、いずれも市内在住の1年生太田さくらさん(16)と3年生大嶋実来さん(18)。この日は始業式で、通学途中だったという。

 現場は片側1車線の直線道路。調べでは、川端容疑者の車は北から南に走り、交差点内で右折待ちの車と接触。そのまま南へ向かって対向車線を横切り、路側帯を自転車で走っていた太田さん、大嶋さんをはねたという。

 川端容疑者は昨秋、認知機能検査を経て、運転免許を更新していた。親族(56)によると、川端容疑者は普段から物忘れがあり、物損事故が多いため、免許返納を勧めていたという。「いつも『運転はやめて』と話していた。高校生の子が心配で、心配で……。本当に申し訳ない」と涙を流した。

<アピタル:ニュース・フォーカス・その他>

http://www.asahi.com/apital/medicalnews/focus/