[PR]

 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は10日午前、大統領府で就任後初めて新年の記者会見を行った。文氏は2015年の日韓慰安婦合意について「両国が公式的に合意をした事実は否定できない」と述べ、合意について再交渉するとした昨年の大統領選での公約を撤回した。一方で「完全な解決」のためには日本による被害者への「心を尽くした謝罪」などが必要との認識を示し、日本側の行動を促した。

 日韓合意をめぐっては、康京和(カンギョンファ)外相が9日、日本政府との「再交渉は求めない」とする新方針を表明したが、合意破棄を求めてきた一部の元慰安婦や支援団体から不満が出ている。

 文氏は記者団の質問に「(合意は日本政府という)相手があり、(朴槿恵〈パククネ〉)前政府が公式的に合意したことであるため、十分に満足できなくても、現実的に最善の方法を探らなければならない」と説明。「再交渉を要求することで解決するわけではない」とも語った。

 一方で、文氏は現行の合意を念頭に「間違った結び目は解かなければならない」と語り、「慰安婦問題は真実と正義の原則によって解決するしかない」と主張。「日本が真実を認め、被害者の女性たちに心を尽くして謝罪し、それを教訓に再発しないよう国際社会と努力するとき、(元慰安婦の)おばあさんも日本を許すことができるだろう。それが完全な解決だ」とも述べ、間接的な形で日本側の行動を求めた。

 また、対日関係については「歴史問題と両国間の未来志向的な協力を分離して(関係改善に)努力する」とし、「北の核問題はもちろん、多様で実質的な分野で緊密に協力できるだろう」と期待感を示した。

 約2年ぶりに実現した9日の南北閣僚級協議で北朝鮮が平昌冬季五輪の参加に合意したことについては、「(五輪を)南北関係改善と韓(朝鮮)半島に平和をもたらす転機にしなければならない」と強調。北朝鮮が非核化のための対話に応じるなど「条件が整えば、いくらでも(金正恩〈キムジョンウン〉朝鮮労働党委員長との)首脳会談に応じる用意がある」と語った。

 北朝鮮の核・ミサイル問題については「南北が(1992年に)共同で宣言した半島の非核化が決して譲歩できない韓国の基本的な立場だ」と強調し、米国や中国、日本の名前を挙げて「国際社会とさらに緊密に協力していく」との方針を示した。(ソウル=武田肇)