[PR]

 全国のえびす神社の総本社にあたる西宮神社(兵庫県西宮市)で10日朝、参拝一番乗りを競う「福男選び」があった。十日えびすにあわせた恒例の神事で、今年は約5千人が参加。午前6時に「赤門」が開門されると、参加者は一斉に飛び出し、約230メートルの参道を駆け抜けた。

 本殿に真っ先に飛び込んだ「一番福」は、兵庫県芦屋市の高校3年、佐藤玄主さん(18)。「いろんな人に福を与えて、日本が明るくなってほしい」と喜びを語った。「二番福」は同県明石市の高校3年、竹内紘生さん(18)、「三番福」は同県川西市の消防士、渡部涼さん(25)だった。(崔埰寿、森田貴之)