[PR]

 「ヨガウソ」よ安らかに――。得意のヨガポーズで人気者だった徳山動物園(山口県周南市)のコツメカワウソ「ぴゃあ」が9日、天国に旅立った。14歳のおばあちゃんで、昨年はカワウソの人気投票「第1回カワウソゥ(総)選挙」にも立候補して話題になった。

 園によると、死んだのは9日午前10時50分ごろ。昨年暮れまでは元気に動き回っていたが、年が明けて急にふらつくようになった。食欲も衰え、保護室に移して手当をしていたが、助からなかった。コツメカワウソの寿命は15年ほどで、死因は老衰という。

 2003年、東南アジアからの密輸摘発に伴い、関西空港で保護されて来園。生まれてすぐに親と引き離されたため、泳ぎ方を知らなかった。その代わりに覚えたのが「ヨガ」だった。

 後ろ脚を前脚に挟んで団子のように丸まってみたり、頭の後ろに後脚を回して横になってみたり――。全国の動物園などから84匹が出馬した総選挙に名乗りを上げると、「ヨガウソ」として話題に。選挙中は飼育員が獣舎前で応援演説に立ち、密輸や乱獲で絶滅の危機にある野生のカワウソの厳しい現実も訴えた。

 悲しい生い立ちにもかかわらず、明るく人なつっこい性格。子宝にも恵まれ、晩年は孫のタルトと仲良く暮らした。「動物園の未来を天国から見守ってほしい」と飼育員たちは話す。(三沢敦)