[PR]

 島根県出雲市の葬祭場「さがみ典礼出雲葬斎センター」で、2遺体が取り違えられたまま葬儀と火葬が営まれていたことが分かった。運営会社の社員が遺体を納棺する際、別の遺体と間違えたという。

 取り違えがあったのは今月7日。センターを運営する「アルファクラブ武蔵野」(本社・さいたま市)の出雲支社によると、遺族が納棺前に遺体の顔を見たいと要望し、霊安室から対面室に移した。この時は本人だったが、遺体は霊安室に戻されず、同じ日に別の葬儀のため遺体を納棺しようとした際に取り違えたとみられるという。一方の遺族が翌日の納棺の際に別人と気づいたが、もう一方はすでに火葬されていた。

 支社によると、取り違えを防ぐために遺体にネームタグを付ける決まりだが、現場で徹底されていなかったといい、双方の遺族に謝罪したという。支社は「ネームタグを付けることを徹底し、チェックを強化した」としている。