[PR]

 米ハリウッドの大物プロデューサーへの告発をきっかけに世界に広がった性被害やセクハラの告発について、フランスの俳優カトリーヌ・ドヌーブさんが「口説く自由はある」と異論を唱えた。10日付の仏紙ルモンドに約100人の連名で寄稿した。「性暴力は犯罪だ」とした上で、「しつこく、不器用でも口説くのは罪ではない」としている。

 性被害やセクハラの告発は昨秋以降、「Me too(私も)」を合言葉に、ツイッターなどで広がった。ドヌーブさんらは「仕事上の会食中にひざに触れる、キスを求める、性的な話をするといった行為だけで男性が罰せられ、職を失っている」とし、「弁解の機会もないまま性暴力を働いたのと同様に扱われている」と強調した。

 また、女性を常に犠牲者として守ろうとするのは、女性のためにならないと批判。告発の動きに同調しない女性は「裏切り者とみなされている」と指摘した。

 寄稿に対し、フランスでは「性暴力の被害者をおとしめている」といった批判が出ている。(パリ=青田秀樹)