[PR]

 大手コーヒーチェーン「スターバックス」の偽のロゴを付けたスマートフォンのケースを販売する目的で持っていたとして、千葉県警は11日、同県鎌ケ谷市の男女2人を商標法違反(販売目的所持)の疑いで逮捕し、発表した。

 逮捕されたのは、同市道野辺中央1丁目の会社員磨田(みがきだ)昌人(31)と准看護師石塚美智子(32)の両容疑者。県警によると、2人は共謀して昨年6月13日、スタバのロゴに類似したマークを付けたスマホのケース計342点を販売する目的で所持した疑いがある。磨田容疑者は「副業として売って利益を得ていたのは間違いない」と容疑を認め、石塚容疑者は「私はわかりません」と否認しているという。

 捜査関係者によると、スマホケースは中国から輸入していたとみられ、通販サイト「アマゾン」に出品し、1個千数百円で売っていたという。県警は昨年3~6月に計約70万円を売り上げていたとみている。

 これらの偽グッズを旅客機で密輸しようとしたとして、成田空港の東京税関職員が昨春、磨田容疑者を摘発。県警はスターバックスコーヒージャパン(本社・東京)側の協力を得て非正規品と確認した。

 スタバのロゴはマグカップや紙コップ、タンブラーやバッグなどの公式グッズに付いている。国、季節限定の商品は人気が高い。(松島研人)