【動画】謎のお菓子「パサン」=渡義人撮影
[PR]

「まだまだ勝手に関西遺産」

 年末になると、京都のスーパーに並ぶ焼き菓子がある。その名は「パサン」。そんな話を知り合いから聞き、暮れの京都へと向かった。

 だが何軒かのスーパーを回っても、どこにも見当たらない。「フレスコ」を展開するハートフレンド(京都市)によると、2年前までは確かに取り扱っていたが、製造元が廃業し、もう置いていないのだという。

 もしや、もう食べることができない幻のお菓子なのか?

 京都焼菓子組合の西村康宏理事長(79)に聞くと、戦後の京都でよく作られていたが、小さな店が多く、経営者の高齢化による廃業も増え、今はあまり製造されなくなったという。

 そんな中、伊藤軒(京都市伏見区)が「京しおり」(1袋税込み410円)というお菓子の詰め合わせの中の一つとして製造していると聞き、訪ねた。

 「パサンは、バターを使わない…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら