[PR]

 元本保証をうたって投資を持ちかけ、男性2人から計4100万円を集めたとして、神奈川県警は17日、会社役員石川仁容疑者(63)=東京都世田谷区=を出資法違反(預かり金の禁止)の疑いで逮捕した。捜査関係者への取材でわかった。

 石川容疑者はパソコン教室を全国展開している「キュリオステーション」の創業者で、2012年3月~15年12月に取締役だった。現在は退任し、別の会社の役員を務めている。県警は、投資に実態はなかったとみて調べる。

 石川容疑者は15年4月~16年1月ごろ、「月利1~1・5%の特別な投資枠がある。2カ月前までならいつでも解約できて、元金は全額必ず返る」などと持ちかけ、千葉県船橋市の男性から4千万円、川崎市の男性から100万円を集めた疑いがある。

 石川容疑者は11年以降、個人で主宰するビジネスセミナーなどの参加者らに声をかけて、少なくとも計13人から約2億3千万円を集めていたという。生活費のほか、配当金として別の出資者に回していたという。(鈴木孝英)

配当、突然止まる

 元本保証をうたって4100万円を集めたとして、全国でパソコン教室を展開する「キュリオステーション」の創業者、石川仁容疑者(63)=東京都世田谷区=が17日、出資法違反(預かり金の禁止)の疑いで逮捕された。出資者の1人が朝日新聞の取材に、被害の実態を語った。

 キュリオステーションの加盟店オーナーだった川崎市の別の男性(48)は3年近くの間に計2200万円を出資したという。石川容疑者に、マイホームの頭金や老後のための蓄えのほとんどをつぎ込んだ。「心から信用していた。悔しいし、恨んでもいる」。県警に相談したが、今回の立件は見送られたという。

 石川容疑者とは2010年冬、知人を介して初めて会った。キュリオステーションを全国展開していた気鋭の実業家は「楽しそうに仕事をしていて親しみやすい」という印象だった。

 石川容疑者に誘われ、自身も東京都内で教室を開設。飲食をともにするなど親交を深め、11年10月にはハワイ旅行へ。なじみの店に連れて行ってくれた。

 この年の末、元本保証、月利2%の「特別な投資枠」を持ちかけられた。

 「今度500万円分の枠が空くので、200万円分を使わせてあげる」

 1年後に500万円、14年5月には1千万円。出資に何のためらいもなかった。むしろ「尊敬している人に特別扱いしてもらっている」と感じていた。

 最後の出資は同年8月の500万円。これまでと違い、「余っている枠を使ってもらえないか」という「お願い」だった。

 16年2月、配当が突然止まった。「一時的に資金がきつい」。その後も何度も説明を求めたが、石川容疑者から納得のいく答えがなかったため、警察に相談したという。男性は「人を信じられなくなりそうだ。きちんと説明してほしい」と語っている。