[PR]

 11日午前、中国海軍のものとみられる潜水艦と中国海軍艦艇が尖閣諸島(沖縄県)周辺の日本の接続水域に入った。これを受け、政府は同日、外交ルートで中国に厳重抗議した。小野寺五典防衛相は「(両艦が)同時に尖閣の接続水域を航行するのを確認したのは初めて」と明らかにした。

 政府は潜水艦について国籍を公表していないが、複数の政府関係者によると中国海軍のものと判断しており、日中関係改善の動きに水を差すとして警戒。中国側の意図の分析を進める。

 防衛省によると、宮古島沖の日本の接続水域で10日午後、北西に潜航する潜水艦を海上自衛隊の哨戒機と護衛艦が発見。11日午前に潜水艦はいったん接続水域から出て、その後尖閣諸島・大正島沖の接続水域に入った。同接続水域では中国海軍のジャンカイ2級フリゲート艦1隻も確認。両艦は同日午後、接続水域外に出た。尖閣周辺の接続水域に中国軍の艦艇が入るのは16年6月以来で、2回目。

 政府関係者によると、米国などからの情報で中国を出港し東シナ海へ向かう潜水艦を把握。海自が空と海から監視していた。国際法上、潜水艦が他国の領海内を航行する際は浮上し国旗を掲げる必要があるが、接続水域での潜航は認められている。ただ、尖閣諸島を巡る問題で長く険悪化した日中関係がようやく改善しつつある中の動きに日本側は懸念を強める。

 外務省の杉山晋輔事務次官は1…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも