[PR]

 柏市末広町に空きアパートを改修してつくった「科学館」が14日にオープンする。科学を身近に感じてもらおうと、市民団体が1年5カ月近くかけて、築30年以上のアパートの部屋を科学の空間につくり替えた。

 手作りの科学館は、JR柏駅西口から数分歩いた路地沿いに誕生した。改修したのは市民団体「柏の葉サイエンスエデュケーションラボ(KSEL)」。同市柏の葉地区にある東京大学柏キャンパスの大学院生らが2010年、科学を通じて地域交流の活性化を図ろうと設立。現在は東大などの大学院生や学部生、市民ら37人が、イベントなどを開催して活動している。

 アパートは2階建てで、6畳、4畳半、台所の2Kの部屋が6室ある。そのうち1階の3室を改修。2部屋をつなげて展示室にし、1部屋をイベントなどで使う実験室にした。

 16年8月末から改修を始めた…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら