[PR]

 26日に始まる朝日系ドラマ「ホリデイラブ」(金曜夜11時15分)で、夫の浮気が発覚し、夫婦の絆を取り戻そうと奮闘する主人公・高森杏寿を演じる仲里依紗さん。「親近感がわく」と話す役への思いや、インスタグラムでプライベートな写真を公開する理由などを話してくれました。

 ――最初に台本を読んだ時の印象はいかがでしたか?

 台本や原作を読んで、杏寿には何の非もないので、同情しかない感じだった。普通の不倫と違うのは、まわりがはめて、仕込んでいく、サスペンス調になっているところ。杏寿本人からするとほんとに最悪ですけど、見てる側からすると面白いなあと思います。外から見てると、「えーっ!」っていう面白さがあります。普通とは違う不倫ドラマ作品。

 その中で、杏寿は一番普通。真面目に、きちっと誠意を持っていろんな人に接するしっかり者。まわりにキャラクターが濃い役が多いので。

 ――杏寿はどういう女性だと思いますか?

 子どものためにも、取り乱しちゃうところもあるけど、冷静さを保たなきゃって思って向き合っていく子。杏寿が不倫の原因じゃないんですよね。かわいそうと思うんですけど、しっかりした子なので、最後までしっかりしていてほしいですね。

 ――役作りで何かされたことはありますか?

 杏寿は自宅でネイルサロンを開業しているネイリストなので、いつも爪短いんですけど、頑張って伸ばしました。自分も通っているネイルサロンがあったんですけど、いろんなところに行くようにして、どういう感じなのかな、とか聞いて回りました。

 ――何件くらい行かれたんですか?

 友達のところ二つくらい行って、自分でホットペッパーで予約して三つくらい行きました。お店の方も「えっ」て感じで、「いつも行かれてるとこないんですか」って聞かれました。でも、「ネイリストの役やるからちょっと来てみました」とか言って(笑)

 ――昨年放送された「あなたのことはそれほど」でも、浮気された妻を演じ、じわじわと夫を追い詰めていく演技が話題になりました。

 自分も結婚してるし子どももいるので、役に対して親近感が湧きます。いろんなことが反映されたらいいな、と思いますし。

 でも、不倫ドラマをやってるときは不安になる一方ですよね。いろんなサレ妻(浮気をされた妻)事情を聞くので。SNSにサレ妻日記とかたくさんある。旦那が出張に行くと言って出かけたのに浮気相手と会っていたとか、領収書が出てきたとか。すごいんです。とても落ち込むんです。

 領収書を残してる時点で脇が甘いなと思うんですけどね、私は。杏寿の夫の純平(塚本高史)も、本当に1回の誘惑にころっといっちゃってすぐばれる。脇が甘いな、馬鹿だなあって(笑)

 ――もし、旦那さんの浮気が発覚したら、仲さんご自身はどうしますか?

 杏寿みたいに冷静ではいられないだろうな、と思います。会いたくない、一緒の空気を吸いたくないから「出てって」って言うかな。国外に行ってほしい。マチュピチュとか、すぐ帰ってこられないようなところに行ってほしい。見たくないし。あと電波が届かないところに行ってほしい。発信ができないように(笑)

 ――杏寿とご自身の共通点はあ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら