[PR]

 全日本大学駅伝(日本学生陸上競技連合、朝日新聞社、テレビ朝日、メ~テレ主催)の区間距離が、今年11月4日の第50回大会で変更されることが11日、大会事務局から発表された。

 名古屋・熱田神宮西門前から三重・伊勢神宮内宮宇治橋前までの106・8キロのコース、全8区間は変わらず、中継所が変更され、前半にある14キロ前後の長距離区間を10キロ前後に短縮。序盤の激しい先頭争い、白熱したレース展開が期待され、繰り上げスタート削減の狙いもある。終盤の7、8区は20キロ近い長丁場の区間となる。最後の8区は現在と変わらない。

 新しい区間距離は▽1区=9・5キロ▽2区=11・1キロ▽3区=11・9キロ▽4区=11・8キロ▽5区=12・4キロ▽6区=12・8キロ▽7区=17・6キロ▽8区=19・7キロ。

 全日本は、箱根、出雲とともに「3大学生駅伝」と言われ、全国8地区の代表などが伊勢路で学生駅伝日本一を競う。

こんなニュースも