[PR]

 気象庁によると、強い寒気の流れ込みや冬型の気圧配置の影響で、12日は北日本から西日本の日本海側で大雪となっている。新潟市内で平年の10倍以上積もるなど、北陸各地で積雪が急増。冬型の気圧配置は13日にかけて続く見通しだ。

 同庁によると、北日本の上空約5千メートルには零下36度以下の寒気が流れ込み、強い冬型の気圧配置となっている。

 JR信越線が大雪で立ち往生した新潟県では、11日以降に局地的に発達した雪雲が流れ込み続けたため、積雪は急増。午前6時時点で、新潟市で72センチとなり、平年の10倍以上に。佐渡市内で平年比12・5倍の他、県内の複数の地域で平年の3~12倍となっている。ほかにも、石川県輪島市で41センチ(平年比6・8倍)、富山県氷見市で65センチ(同6・5倍)となっている。

 強い冬型の気圧配置は13日にかけて続く見込みで、北日本から西日本の日本海側を中心に断続的に雪が降り、北陸地方を中心に雪が強まる恐れがある。13日午前6時までの24時間の予想降雪量は▽北陸、近畿50センチ▽北海道、東北、東海30センチ▽中国25センチ▽関東・甲信20センチ▽四国、九州北部10センチ。