気象庁によると、強い寒気の影響は13日にかけて続く見通しで、北日本から西日本の日本海側を中心に大雪が続く恐れがある。大雪や路面凍結によって各地の交通機関に乱れがでる可能性もあり、13、14日に実施予定の大学入試センター試験への影響が懸念される。

 同庁によると、13日午前6時までの24時間の降雪量は▽北陸、近畿50センチ▽北海道、東北、東海30センチ▽中国25センチ▽関東・甲信20センチ▽四国、九州北部10センチと予想。

 大学入試センターによると、12日午前の時点では、試験は予定通り実施される見通しという。