香川県の鳥インフルエンザで殺処分=県庁提供、依知川和大撮影
[PR]

 香川県さぬき市の養鶏場の肉用鶏から、全国で今季初となる感染力の強い高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5亜型)が確認された問題で、県は11日深夜から殺処分を始めた。この養鶏場の約5万1千羽と系列養鶏場の約4万羽のうち、12日午前6時までに約7千羽の処理を終了した。

 県職員や自衛隊員ら約100人が、11日深夜からバスで次々と養鶏場入りした。白い防疫服やゴーグル、手袋で身を固めた職員らは、鶏舎にいる鶏を袋に詰め、二酸化炭素を注入して殺してから袋ごと密封容器に移していった。

 ウイルスは生きた細胞の中でしか増殖できず、感染拡大を防ぐため県は24時間以内の殺処分完了を急ぐ。発生した養鶏場は12時間以内の殺処分が目標という。

 家畜伝染病予防法に基づき、発生養鶏場の半径3キロ圏内が移動制限区域(9戸、約22万羽)になり、卵や鶏などの移動を禁止。3~10キロ圏内が搬出制限区域(香川・徳島両県で19戸、約113万羽)で、域外への出荷などが禁じられた。

 発生養鶏場では10日、通常より多い55羽の鶏が死んでいるのが見つかり、県に通報。11日に高病原性のウイルスと確認された。(田中志乃、森下裕介)