[PR]

 J1で残留を果たした北海道コンサドーレ札幌の新監督にミハイロ・ペトロビッチ氏(60)が就任し、12日に札幌市内で会見して「昨シーズンを上回る成績を残す」と決意を語った。攻撃的なサッカースタイルをとり入れることで、悲願のJ1定着を目指す。

 ペトロビッチ氏はセルビア(旧ユーゴスラビア)出身でオーストリア国籍。オーストリア、スロベニアで経験を積み、2006~11年にサンフレッチェ広島で、12~17年7月まで浦和レッズで指揮をとった。テンポのいいパスで相手の守備を崩し、積極的に相手ゴールを攻め続ける攻撃的なスタイルが持ち味だ。

 ペトロビッチ氏は「日本のチームに大きな差はない。小さな差は十分埋められる」とし「魅力ある攻撃的なサッカーをする。野球と同じように『北海道には強いチームが二つある』といわれるようにしたい」と語った。

 J1昇格と残留に尽力した四方…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら