[PR]

 改造車の祭典「東京オートサロン2018」が12日、千葉・幕張メッセで開幕した。国内の新車販売が頭打ちになる中、コアな自動車ファンの獲得をめざし、国内外の自動車メーカーが積極的に出展している。

 14日まで開かれるオートサロンは今年で36回目。422社が出展し、計880台が会場に並んだ。

 トヨタ自動車は、昨年9月にたちあげたスポーツカーブランド「GR」の新型車の試作車を世界初公開した。エンジンなど主要な部品は世界耐久選手権(WEC)に参戦しているレーシングカーとほぼ同じといい、友山茂樹副社長が登壇してアピールした。

 トヨタと同様、昨年11月にスポーツカーブランド「オーテック」をたちあげた日産自動車はこの日、ミニバン「セレナ」をベースにしたモデルを2月に発売すると発表した。オートサロンでは、小型車「ノート」、SUV(スポーツ用多目的車)「エクストレイル」の試作モデルを出した。

 ホンダは今年国内に投入するS…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも