[PR]

 国の特別史跡と特別天然記念物に二重指定されている日光杉並木街道の緊急調査で、7割の木が「衰退・やや衰退」「ほぼ枯死」と判定され老朽化が進んでいることが12日、わかった。倒木につながる「特に注意すべき」「重度」の要因があるとされた木も3割近くに達した。

 保存管理計画を約半世紀ぶりに見直すための栃木県教委の策定委員会(委員長=谷本丈夫・宇都宮大名誉教授)が12日、宇都宮市で開かれ、日光、例幣使、会津西の3街道の並木杉計1万2152本を15~17年度に調べた結果の概要が示された。

 樹勢の衰退度の調査では、「やや衰退」が7088本と全体の58・3%を占め、「やや良好」3680本、「衰退」1122本、「ほぼ枯死」204本と続いた。00~01年度に今回より538本多い1万2690本を調べた際は「やや良好」「やや衰退」が45%前後で並んでおり、衰退の進行を裏付けた。

 初めて調査した倒木の危険度は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら