[PR]

 学校法人加計(かけ)学園(岡山市)の岡山理科大獣医学部が今春開学する愛媛県今治市で12日、学園の建設計画が妥当かどうか審査する市の第三者機関「専門委員」の会合があり、建築費や施設の安全性などは「問題ない」との報告を発表した。

 今回、国家戦略特区で獣医学部新設が認められた経緯や国とのやり取り、官邸の関与などは検証対象にしていない。座長の妹尾(せのお)克敏・松山大教授は「そういう次元の事柄は検証する立場にない」と説明。それらの疑問に答えるのは「市長じゃないですか。それ以外にないと思う」と述べた。

 専門委員は建築や感染症などの専門家5人。「建築費が高いのでは」などという市民の疑問に答えるため市が選任し、昨年10月から審査していた。建築担当の委員は192億円とされる事業費について「発注仕様書などを調べ、適正と判断した」などと説明した。

 市は事業費の半額の96億円を上限に学園に補助金を出すと決めており、菅(かん)良二市長は報告を歓迎するコメントを出した。市から96億円の3分の1の負担を求められている愛媛県の担当者は「額が適正か独自に精査したい」としている。

■裏付け資料は提供…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら