強い冬型の気圧配置が続く影響で、13日も北日本から西日本の日本海側を中心に雪が強まる見通しだ。大雪や路面凍結による交通の混乱が予想され、13日から始まる大学入試センター試験の受験生に影響する可能性もある。

 気象情報会社「ウェザーニューズ」によると、13日も寒波が続き、日本海側は雪が降りやすくなる。特に山陰から北陸にかけて激しく降る見通しだ。これまでの大雪で交通機関に影響が出ている地域もあるため、鉄道や道路の状況など最新の交通情報の確認が必要だ。

 気象庁は13日午後6時までの24時間の降雪量を北陸地方で70センチ、近畿、中国地方では40センチと予想している。14日も各地で断続的に雪が強まり、大雪になる地域がある。

 大学入試センターは、試験当日に交通機関の遅れや運転の見合わせが起きた場合、試験開始時刻の繰り下げなどを行うことがあるとして、受験票に記載された「問合せ大学」に連絡するようホームページで呼びかけている。

 また、全国的に気温も上がらず、13~14日は各地で冬日になり、北日本から九州の多くで最高気温が10度に届かないと予想されている。

     ◇

各地の雪の強まる時間帯

※ウェザーニューズ提供

【北海道】13日未明~14日

【東北北部】13日未明~同日夕方

【北陸】13日未明~14日

【近畿北部】13日早朝~同日深夜

【山陰】13日早朝~同日深夜